空飛ぶ青の絨毯

「青いマラガ」いよいよ最終ペイントに入る。仕上げは、空飛ぶ絨毯!

「地中海のビチョ(生き物)たちを乗せて舞う青の絨毯」

夜になるとこっそりアトリエを抜け出し、夜空を舞うのだ(笑)マラガの町を見下ろしながら。

ヤシの木、白壁の家、石畳の通り。地中海を照らす月明かり、パセオ・マリティモ(海岸通り)。通りに置かれたイスとテーブル、一杯のワイン。フラメンコの調べ・・・

「私の愛するマラガへのラブレター」

そんな気持ちで、作っている。だから、どれだけでも命を注げる。危険(笑)。見つめれば見つめるほど、むくむくとアイデアが。

「バックの色を、鮮やかなももカラーにしたらおもしろそう!」

やってみたい。と同時に、私の心はもう次の作品に飛んでいる。問題はスペース。この2メートルの大作、どこに置いておこう。

「壁ごとに4、5作を同時制作」

それが理想の制作スタイル。なんとかできないものか。あぁあ、壁が足りない。ぐるぐると作業場を見回していたその時、脳内に恍惚に似た光が走る。

「アトリエの反対側の壁、制作スペースに改造できるんじゃ」

もちろん、そのためにはまた棚を取り外し、テーブルと家具を処分しなくてはいけない。が、スペースはできる。脳内にお花畑が広がり始める。

「これ全て、制作を同時進行するため」

心は一発で決まったが、さすがに大作業。今夜一晩寝て、明日の朝一番で決めることにしよう。

Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です