ぴかりの羽

【一日一作プロジェクト】サンダルで「ぴかりの羽」を作った。ここのところずっとピアノを弾いていない。実はいきなり数週間前から

「右親指の付け根がじーんと痛く」

なり、ひどい時はテーピングをして制作を続けていた。親指を酷使しないよう、仕方なくピアノはお休み。そんな事情をわかってくれないオウムは

「毎日必ずピアノへ飛んで行く」

20年間、毎日ピアノ室へ「お出かけ」するのが日課だったのだから、当然とはいえ。問題は

「ピアノを弾かないと、ずーっと怒って待っている」

ところ。チョロっと映画音楽などを弾くが、納得してはくれない。不満げなオウムをピアノ室に残して寝室へ。そのたった30分の昼寝の間に、悲劇は起こった。

「うわぁああ〜〜〜っ」

楽譜本が、ボロボロ。見事に食いちぎられている(写真)。叱ると逆ギレ。その目は、言っている。

「ピアノを弾いてないよねっ」

先生なん?6月に「君が代」の編曲も終わり「あとは動画を撮るだけ」のところでストップ。痛いのは親指だけど、きっと手首、腕、肩、体全体の問題なのだ。また来週から

「週3日泳ぐ」

生活を再開しよう。そういえば小学生の頃、ピアノ教室のある日は、いつも父が学校の門の外で待っていた。

「私がどこへも行かないように」

門を出るや、すぐさま車の中へ。そしてピアノ教室へ直行。思えば、あれは「捕獲」だった。母の口ぐせは

「出て行ったら帰ってこない」「そんなに外は楽しいの?」

先日送られてきた父のメッセージにも

「小さな頃から、ももは道草の常習犯だったね」

あの頃はわからなかったが、仕事の合間に時間を割いて、ピアノ教室へ連れて行ってくれた父に、今は心から感謝している。

「父の捕獲作戦と、母の絶対命令毎日ピアノ(修学旅行以外)」

があってこそ。小さな頃からいつも心に羽が生えていた。好奇心、興味、ひらめき、アイデアがいっぱいで、時間厳守が苦手だった。集中すると時間の存在そのものを忘れてしまう。

「ぴかりの羽」

好奇心やひらめきの「光(ぴかり)」の羽をつけ、踊るように歩く。シンプルなワンピースに似合いそう。ネックレスも同じ色にして。

暑い日が続きますので、みなさまどうぞお身体を大切にしてお過ごしください。

~音楽と絵の工房~地中海アトリエ・風羽音(ふわリん)南スペインだより