1日にランチが2回

この「肉の塊」がマドリッド最終日のランチ。でかっ。ハビ吉が知人の肉屋で入手。さらにアンドレスの「肉団子&パスタ・バジルのせ」。これ全て、男子2人の手作り。

「なんてすごいの〜〜〜」「普通だよ、これくらい」

ハビ吉とアンドレスのおかげで、あっという間にマンションがレストランに。それを嗅ぎつけてホルヘもやってくる。

「サルー(乾杯)!」

まるで飲むつもりはなかったのに。この料理には赤ワインでしょう(笑)やっぱり。

「おいし〜〜〜っ」

これを最後に、今夜から粗食に戻る。そう思うと感慨もひとしお。これが今回の旅のラストランチなら、もう悔いはない。

「チコス!ムーチャス・グラシアス」

ハグで3人にお別れをしてセントロへ。そしてアトーチャ駅へ。マラガ行きの特急に乗り込むと、急に眠気が襲ってきた。と、その時・・・

「お食事のご案内をさせていただきます」「はあぁっ?」

なんと。帰りはランチ付きのチケットだったのだ。ハビ吉に買ってもらったので、まるでチェックしていなかった。

「本日のメニューはこちらです」

食前酒、食事中、食後酒と、3回も飲ませてくれるスペインの特急AVE(驚)それもビール、ワインはもちろん、ウイスキー、シャンパン、マティーニ、ウオッカ、ブランデー、ジン、ロン、なんでもあり。

「まさかランチが2回・・・」

その頃、オウムは鳥かごの中。「水差しと食事皿」を床にぶちまけ、閉じ込められた怒りと悲しみをマニフェスト。

空腹と喉の渇きに耐え「怒りの炎」に包まれるオウム。その恐ろしい形相に対面するのは、まだそれから数時間後のことである。

(完)

~音楽と絵の工房~地中海アトリエ・風羽音(ふわリん)南スペインだより