7.白の迷路を歩く

アンダルシアの『旅の楽しみ方』、第7回目の今日は
「白の迷路を歩く」です。

「白の迷路、って何?」
ずばり、「白い村そのもの」のこと。 それをわかっていただくために、
まず「白い村の構造」についてお話ししましょう。

アンダルシア地方の白い村は、
たいてい山の斜面にへばりつくようにつくられています。
そして、人家が互いにすきまなく、ぴったりとくっつきあって造られいるので、
村全体がひとつの「城砦」にようになっています。
外敵から身を守る、昔ながらの知恵ですね。
そうすると、どうなるか。
いったん、白い村に一歩、足を踏みいれると
「迷路」に紛れ込んだような感覚におちいります。
どこまでも、入り組んだ細い通り、
ぐにゃぐにゃと曲がる小道を進んでいくうちに
次第に方向感覚が失われてくる・・・

なにしろ、通りの両側に「すきま」なく白壁の家が
びっしりと並んでいるので、どこを見ても、みんな同じに見える。
自然の景色が、ランドマークがひとつもない。
どこを見ても、同じ白壁の家。
「あれ、ここはさっき通ったとこじゃ・・・」
という、漠然とした不安感がよぎる。
「ここから、出られるのか・・・」
という想像に、胸があわだつ。

白い村を「白の迷路」と名づけたゆえん、わかっていただけたでしょうか。
実際、迷うことはあっても出られないわけではないので
心配はいりませんが、 初めて歩くときはけっこう「迷路」です(体験者)。
特に午後2時~5時は、かのシエスタで、
人々の姿がぱったり通りから消えてしまうので
「いったい、どうなってしまったのか!」 的・こわさはありました。
道も聞けないし。
でも、ゆっくり写真を撮るには、いいかも。

写真はアルプハラ集落の白い村。
誰もいなくなった通りをひとり歩いていたら突然、猫が・・・
道案内人みたいに現れてくれたので、ついて行くことに。
ひっそりとした午後、4時の風景です。

~音楽と絵の工房~地中海アトリエ・風羽音(ふわリん)南スペインだより