6、シエン・オホス

CIMG4943 CIMG5845

今日、紹介する
「もも衣コレクション」は
「シエン・オホス」です。
スペイン語で「シエン(100の)、
オホス(目)」の意味。
それぐらい
「玉の飾りがくっついてる」
というわけです。

この「玉飾り」は、「もも衣コレクション」の大切な定番パーツ。
次の春夏コレクションでも、くりかえし出てきます。

「玉」「目」は、世界中の土地で使われている「お守りパーツ」。
トルコの青い目玉が有名ですね。

さて、これらの「玉」や「目」が、
身につけられることにより「揺れて動く」。
さらに、鈴がついているので「音がする」。
これにより、さらに護りの手が強くなる。
そう、「音」には魔よけ、災いよけの役割があるのです。

土台となっている「ネックレス」はバーゲンで、3,9ユーロで買いました。
ぜんぜん売れてなくて、山のようになってたので
ほんとは3~4個まとめて買いたかったなー。
いろんなものにリメイクできそう♪
「腰」「足首」「腕」・・・いろいろな飾りができそうだなぁ。

【今日の「もも衣」の材料費】
ネックレス 500円(3,9ユーロ)
小物    150円  
合計    650円

~音楽と絵の工房~地中海アトリエ・風羽音(ふわリん)南スペインだより