30年ぶりの筆文字

なんとか共同展の「写真&データ」送りが無事完了。次のタイムリミットは土曜日。午前中に「展示物および備品」全てをお届けしなくてはならない。

で、「展示方法」を考え「準備」するのに2日しかない。というせっぱつまり方。ほぼ即断即決、即行動。

レッスンの合間の10分や30分を利用して「土器の展示方法」を考え、あれこれ試す。白いパネルをバック置き、懐中電灯で「穴」から土器を照らしてはどうか(写真)。

こんなに忙しいのに、はたとパネルの隅に「習字の筆で文字を書き、デザイン的に入れたらどうか」

などと思いついてしまい、いきなり始まってしまう。誰かとめて。時間配分というのがまるでない。思いついた時がやる時。

「何に書こう?」

半紙などあるはずもなく、見回すと「楽譜」の山が。すごい。運命はちゃんと用意していてくれたのだ。

筆を手にするなんて30年以上ぶり。小学一年から6年間、毎週「習字教室」へ通っていたとはいえ

「筆と墨とすずり」を「スペインに持って来ていた」ことが、信じられない。このためだったのか?さっそく筆をすべらせる。

「おお〜」

信じられないことに、腕は覚えているのだった。文字の書き方ではなく、呼吸や筆づかいを。

それはまるで「絵」だった。一息で描く。強弱をつけて。緩急をつけて。私の作品の「下書きなし」の「クリアーなライン」は、習字から来たのかもしれない。とさえ思った。

「いかん。止まらん」

で、夜の10時過ぎまで書いていた。とにかく「土曜日の朝までに全てを作る!」のだが、大丈夫なのか。

そういえば金曜日の夜は、ハビ吉の誕生日ディナー。プレゼントも買っていない。許してくれるかなぁ。

Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]

「30年ぶりの筆文字」への1件のフィードバック

  1. いつになったらゆっくりされるんでしょう?と思いながら見ています(笑)が、 momoさんはそういう運命なのでしょう??←常に忙しい。
    私の場合momoさんほどではなかったですが、ご飯がカプセル錠剤みたいになって1錠飲めば一日分の栄養素が摂れるようにならないかな~(買い物に行ってご飯作る時間がもったいない)、とか一日が28時間ぐらいあったらなぁ、とか、寝る時間も惜しい、とか、まぁそんな感じでした。
    平均睡眠時間5時間くらいだったかなぁ。

    でも年を取って、ある時から体調不良が戻らなくなって、今ではこれ(体が弱く一日に4時間くらいしか活動できないとか・・)が普通の状態になってしまいました。
    だから、無理しないで、って言いたいけど・・・無理ですね(笑)
    momoさんは体力があるのでしょうか?つまり体が丈夫?
    だったら問題ないです!

    小学校1年から6年間習字をやっていたの、同じです。
    油絵も2年ほどかなぁ、やってました。
    でもスポーツは全然で、オタク文学少女みたいでした(笑)
    30代半ばからスポーツに目覚めて、色々やっていましたが、それもついにできなくなり・・・・いや、セビジャーナスはやりたいものです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です