生命の再生力を信じて

フラメンコ教室も再開。3週間ぶりに1時間半ノンストップで踊った。めくるめくような快感と刺激。ダンスには解放と官能が詰まっている。

「春にはブレリアを一人で踊れるように!」

先生が目標を定めてくれる。ブレリアはフラメンコの中でも「超スピード」「キレッキレの動き」を必要とするので、かなり難度が高い。

「セビジャーナスは、フラメンコ風に踊れるように!」

これは、本来のセビジャーナスとはまるで違う振り付け。楽しみ〜。新しいことって、それだけで興奮。アドレナリンどばっ。

なんというか「フラメンコのスカートと靴」を身につけたとたん、いきなりスイッチが入る。背筋がスッと伸び、体が軽くなる。

そして。動けばお腹だってすく。スーパーでお寿司セットを買って家へ。オウムは「シーツ遊び」に夢中。新年のプレゼント。家具はどんどんボロボロに。

そうそう。街路樹のオレンジを、市のお兄さん達がカットしていた。いろいろ聞きたくて近づいたのだけど、ちょうどバスが来てしまいそのままに。なんとなく雅な仕事。

さて。「バッグアート」は3作目。まだまだ続きます!一日一作。今期のテーマはひたすら

「生き物&植物たちの舞。再生力!」

日本の台風、オーストラリアの火災・・・恐ろしい破壊を前に、無力な自分。だからこそ、祈りを形に!願いをアートに!

「生命の持つ再生力」を信じて、毎日作っています。