呼吸ができる幸せ

「新年会やろうよ」「お茶しよ」「週末ランチどう?」「冬のバーゲン行かない?」お誘いのメッセージは毎日届く。が、10日間とはいえ

「完全引きこもり」

を体験すると「プチ修行」「人間改革セミナー」を終えたばかりのような、別人の私になっているのだ。

「別に出かけなくてもいいんじゃ」

クリスマスから始まる連日の大イベントを、全てドタキャンしたのだ。なんとなく「今さら外出?」的な境地では、ある。

今回、気管支炎になってつくづくわかったが、呼吸が正常にできないと

「あくびをしたり、歌を口ずさむこと」

すらできないのだ。そうなって初めて自分が

「一日中歌ったり、オウムに話しかけたり、ひとり言を言っている」

ことに気づいた。実はオウム。全く話しかけられないので精神的におかしくなり、必死で私の後をついてくるようになってしまった。

「愛されていない」

と感じたらしい。台所、トイレ、寝室。どこへでもすごい勢いで追いかけてくる。必死の形相で。

「ママは声が出ないだけなんだよ〜」

頭をなでてやるが、やはり会話はとても大切なのだ。と、改めて実感。話しかけられるから、自分が存在するんだよね。

気管支炎と共に明けた2020年。大変だったが、だからこそわかる。今一番の幸せは

「呼吸ができること!」

これを、今年の原点にしたい。