カンペーロディナー

マラガっ子のソウルフード「カンペーロ」。手作りの熱々がたまらない〜。チェーン店のハンバーガーなど足元にも及ばないおいしさと人気!

ハビ吉、アウローラ、アンジと行きつけの「マルーチ」へ。うちから歩いて15分。海岸通りのテラス席を陣取る。

見てください。このボリューム。お好みで具をセレクト。私が選んだのはチキン、レタス、トマト、チーズ、炒めピーマン&玉ねぎなどびっしり入った代物(笑)。

このパンがまたおいしいのだ。中はしっとり、外はカリッとして。この日は「アルコールなしデー」なので、お水で(笑)みんなに心配される。

「で、いつマラガに帰ってくるの?」「7月末」

「お父さんを帰りの便で連れてくるように!8月のフェリアに一緒に出かけよう」

いつもの「洗脳」が始まる。もう100回くらい聞いた。が、今日はその101回目なのだろう。

「絶対マラガを好きになるよ!」

自信満々。マラガの人たちは、自分たちの町が何より自慢。青い空と地中海。太陽と光。安くておいしい料理。陽気でおおらかな気質。

「父は、いつハビーが日本に来てくれるの?って言ってるよ」

私の反撃。いや、洗脳。逆バージョン(笑)。すると。数秒してからぽつりと言った。

「日本には行くよ。でももう6月には絶対行かない!湿気で死にそうだよ」

そう。その湿気大国へ、これから上陸するのだ。「地中海性気候」に慣れた私たちの肌と毛穴。名古屋空港に着いたとたん

「何かが起こった」

としか、知覚できないほど、衝撃的な湿気。はたして今年は。